人気ブログランキング |

ある日のこと・・・

yumemi01ni.exblog.jp
ブログトップ

イラスト第4段

我が家は今日から盆休み

しばらくのんびりできるかと思った矢先

突然の新展開!

目まぐるしく私の周りが動いて行く
この流れに押し流されるのでなく
自分で新たな波を乗り越えらるよう
頑張らないといけない。

もっとしっかりしなくては
人に頼らないで、自分自身がしっかりしなくては
身の引き締まる思い。

。。。。。。。。。。。。。。。

イラスト展第4弾 ⇒ 『 笛の音 』
今回のイラスト展のために描いた新作です。




# by yumemiso01 | 2019-08-10 23:56 | | Trackback | Comments(0)

一人って初めてかも?

昨夜から今日にかけて、一人で過ごしている。

夫は友人と年一度の一泊旅行(もちろん海)

娘は昨夜、花火大会へ
紺地に赤い金魚の涼しげな図柄。
赤い半幅帯を文庫に結んだのが可愛い。

我が家の娘たち、子どもの頃はずっと水泳をしていたので
祭り時期は、水泳の合宿などで浴衣に縁がなかった。

長女は浴衣を着せてやることもなく、結婚してしまった。
私は6年前から着物の着付けを習い始め
一昨年、下の娘二人に浴衣を買い
ようやく祭りや花火大会に行く時は、浴衣を着せてやれるようになった。
しかし末娘は今年春に結婚。浴衣は一度だけ。

若いころからお洒落には全く縁がなかった私。
反面教師か、娘たちはそれぞれ自分に似合う洋服を選び
なかなか良い感じに装っている。(母親に似なくて良かった(^^; ))

私は初めての一人の時間。
昨夜は遅くまで映画を見、ゆっくり起きて家事
こんな静かな時間があるのだなと思う。

いくら考えても、結婚してから一人で過ごした記憶がない。

長女がラインで「お母さん、一人でさびしいね」と入れてきたが
たまにはこんな日があっても、いいなぁ~・・・(*^^*)

もうすぐしたら、夫も帰宅。
長女家族が次女を送りがてら我が家に来る。
(次女は昨夜、長女の家に泊まったのだ)

今晩の晩御飯、なににしようかな。
そろそろ冷蔵庫の中を見て、考えよう(^^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イラスト展の作品、第3段アップしました⇒『鏡の湖』



# by yumemiso01 | 2019-08-04 13:54 | | Trackback | Comments(0)

展示会作品 第二弾

先週、連日の病院通いも一応終了

昨日、長女家族が来て、夫と私の合同誕生日会をしてくれた。
ケーキにろうそくを立て、子どもたちが「ハッピバースディ~♪」と歌ってくれ
夫と共にろうそくの火を吹き消した。

こんなことは何年ぶりだろう。
とても楽しい夜となった。

今日は久々に少しゆっくり。
『夢見荘』の更新をした。

イラスト展の作品第二弾 ⇒『月夜の夢』

さぁ、明日からまた新しい週が始まる。

# by yumemiso01 | 2019-07-21 22:50 | | Trackback | Comments(0)

久し振りに『夢見荘』


さきほど『夢見荘』に新しいファイルをアップしてきました。

日付は変わってしまいましたが
七夕にちなんで『天の川』

今年2月~3月、ポトス初のイラスト展に出した11枚の中の1枚です。
元の絵は2008年に描いて『ギャラリー』の中に展示している『天の川』
それをイラスト展のために描き直しました。

本当は、イラスト展に出品したすべてのイラストを
きちんと整理してアップしたいのですが
なかなかできません。

せめて1枚でもということで・・・直通はこちらから⇒『天の川』

# by yumemiso01 | 2019-07-08 00:16 | | Trackback | Comments(2)

つぶらな瞳

体力がなくなったと実感する毎日。

以前なら、一日中動き回っていて気がついたら夜
そんな時でも、まだ自分のやりたい事をするために
夜中や早朝起きたりしていた。

最近は
疲れると気力がなくなるだけでなく
マイナス思考になってしまう。

これではいけないと焦るばかり。

そんな時、秋田犬のぬいぐるみの写真を見た。
二匹並んで、まっすぐこちらを見つめている。
その瞳がとても可愛い。


同じぬいぐるみなのだけど表情が違う。
それが個性的で、兄弟のように見え微笑ましい。


ぬいぐるみは子どもの頃から好きだった。
友達がリカちゃん人形で着せ替えしてる時
私はぬいぐるみに服を作ったり、帽子を編んだり。

今は物を増やさないため、娘たちが置いていった
ぬいぐるみが数個あるだけ。
自分では買わないようにしている。

そのぬいぐるみを見ると、まだ幼かった娘たちの様子も思い出す。
と同時に、私の心もはるか遠い子どもの頃に戻って
ぬいぐるみを見つめていたようだ。


心がほんわか温かくなる。
疲れきっていたことを忘れていた。

今夜は久しぶりに早めに寝よう。

明日はまたピカピカの新しい日だ。



# by yumemiso01 | 2019-07-04 23:13 | 心・ひとりごと | Trackback | Comments(0)
ここ最近、ジェットコースターのような生活

突然、地底深く潜り
そして急上昇
急降下して今度はグルグル高速回転が続いてる

このジェットコースター、まだ止まりそうにない。

私はジェットコースター苦手なのだよ、早く止まってちょうだい。


遊覧船に乗って、珈琲でも飲みながら
ゆったり景色を見て過ごしたいなぁ・・・


More
# by yumemiso01 | 2019-06-28 18:11 | 家庭・家族 | Trackback | Comments(1)

『河童』から嬉しい展開

この前のブログに書いた『小さい水の精』(オトフリート・プロイスラー作)の本

図書館から借りてきました。

d0041427_01005270.jpg

ここでちょっと作者紹介:
オトフリート・プロイスラーは、現代ドイツを代表する児童文学作家。
1923年チェコで生まれ、第二次大戦後、旧西ドイツに移り小学校の先生をしながら作家活動を行う。
1970年から児童文学の執筆に専念。この本は1956年出版。翌年ドイツ児童図書特別賞を受賞。 

そして驚いたのは、私がドイツ旅行で買ってきた本『 Die kleine Hexe 』(小さい魔女)も彼の作品だったのです!


d0041427_00341805.jpg

右が私がドイツで買ってきた本。左は今回図書館で一緒に借りた日本語の本(児童書)

" Die kleine Hexe"(『小さい魔女』)は、私の語学力では辞書を引きながらでも難しかったので、途中で中断したままでした。今回日本語訳の本を借りてきたので、『小さい水の精』の次に読もうと思っています(まずは日本語訳から)。

そして『大どろぼうホッツェンプロッツ』もオトフリート・プロイスラーの作品だったと。
この本も、本屋さんで度々目にしていたのですが、読んだことはなかったのです。

私の河童の栞から、一人のドイツ人女性が「河童」に興味を持ってネットで調べ、私に "Der kleine Wassermann"「小さい水の精」を紹介し、私もネットで調べて 作者のオトフリート・プロイスラーを知り、日本語に翻訳された児童書『小さい魔女』にたどり着くなんて誰が想像したでしょう。

『小さい水の精』を読み終わったら、彼女にまたメールするつもりです。
”Der kleine Wassermann" 日本でも翻訳されてあったよ!って。
そして私、”Die kleine Hexe"を持ってますと。

さぁ、さらにドイツ語上達するべく・・・がんばらねばなりませんね。
ドイツ語で、きちんと気持ちを伝えられるように。
ドイツ語を勉強する楽しみが、また一つ増えました(*^^*)




# by yumemiso01 | 2019-06-06 01:05 | 本・物語 | Trackback | Comments(0)

絵や物語が大好きなポトスの日記です


by yumemiso01