ある日のこと・・・

yumemi01ni.exblog.jp
ブログトップ

夫、初のジャム作り

3月末ごろ、夫がみかんを段ボール箱1箱買ってきた。
みかんの季節も終わりかけ、もう最後だからと
たくさん買ってきたのだ。

「安かったし」

それが食べてみて一言

「美味しくない」


とは言っても・・・と、私も食べてみると
「う~~~ん、確かに」
としか言えない。

数個ならいざ知らず、
こんなにたくさんどうしたものか。

その夜、夫が突然
「そうだ、ジャムにしてみようか」と言った。

さっそくネットで調べ
気がつくと、翌日作りだしていた。

「今仕事暇だし、ちょうど良かった」と。

みかんの皮をむき、中の袋はそのままで
鍋に入れ砂糖を加え、弱火でじっくり煮詰める。

できあがったのを味見してみたら
これが結構美味しい!


d0041427_14393442.jpg

1回目のみかんジャム


結局、数回に分けてすべてジャムにした。

ビン詰は私の係り
煮沸消毒したビンにジャムを詰めて、再度煮沸消毒。
大小色々なビンのジャムができた。

たくさんできたので、子どもたちや母・妹にも配った。

私はパンに塗り、
夫と娘はヨーグルトに入れて食べている。

あと、もう残りわずかになってしまった。

みかんジャム・・・初めてだったけど美味!

しかし日頃料理しない夫が
ジャムを作るとは、新たなる発見。





[PR]
# by yumemiso01 | 2018-06-15 13:59 | 家庭・家族 | Trackback | Comments(0)

お墓参り

4月7日(土)

母と妹たちと初めて一緒に墓参りに行った。
我が家と実家の墓は、同じ聖地内の隣どうし。

妹の運転で山の上の霊園に向かった。
車を降りると北風のような冷たい風が吹く。
4月だというのに、まるで冬だ。

花と線香を買いお墓へ向かう。
4人で雑草を取り、お墓をきれいにし
花を生ける。お参りをしてから、次の目的の信貴山温泉へ。

いつも話だけ聞いて、一緒に行きたいと思っていたので
とても嬉しい。
d0041427_12361833.jpg


ロビーで受付をすませ、別建物のお蕎麦やさんへ行く。

d0041427_12375125.jpg

門から店まで庭が続いていて、見事な満開の桜がまだ1本残っていた

d0041427_12380740.jpg


d0041427_12404354.jpg
お座敷で桜を見ながらの昼食。
お蕎麦は想像してたより豪華だ。

d0041427_12381905.jpg

満腹になったところで
信貴山観光ホテルに戻り温泉に入った。

露天風呂の目の前には桜の木々。
昨年は桜が満開で
それは素晴らしかったそうだ。

今年はもうほとんど散りかけだったが
時折、花びらがひらひら舞って湯船に落ちてくる。
とても優雅だ。

目をつむって、ゆったり浸かる。
時間も気にせず、の~~んびり。


温泉を出るころには雨が降り出した。
その後、古民家カフェに着く頃には本降りに。
珈琲をいただいて帰った。


紅葉の季節もきれいだろうなぁ。




[PR]
# by yumemiso01 | 2018-06-14 23:26 | 家庭・家族 | Trackback | Comments(0)

さようなら鉛筆削り

最近、ほとんどシャープペンシルを使ってるのだけど
たまに鉛筆も使う。

そろそろ先が丸くなってきたので
久しぶりに鉛筆削りを棚から出し、削ろうとした。

ところが、空回りして削れない。
こんなことは初めてだ。

鉛筆を出して、のぞいてみると
なんと、鉛筆を固定する入口のゴムが
ボロボロになって固定できなくなっていた。
ゴムが劣化していたのだ。

ああ、もうこれでは鉛筆は削れない。
そろそろさよならの時がきたんだね。

思えば、この鉛筆削りは私が小学校に入って
買ってもらったもの。
入学したころは、母が鉛筆を1本1本包丁で削ってくれていた。

二年生になって、初めて自分の机を買ってもらったのだが
その時、机の上に置く小さな本立てと一緒に買ってもらったのかもしれない。
気がつけばずっと一緒だった。

長男が小学校入学する時、本立と一緒に実家から持ってきたと思う。
子どもたちもずっと使っていた。
途中で電動鉛筆削りももらったけど
子どもたちが使わなくなり、残したのはこの手動の鉛筆削りだった。

削り具合がハンドルを通して伝わってくる。
そろそろ削れたかな・・・と出してみると、ピンピンに尖った芯。
電動は考える間もなくて、あっという間に削りすぎてしまうのだ。

しばらく見ていたら、このままさよならするのは寂しくて
記念に写真を撮った。(2018.4.4写真)

d0041427_11291320.jpg

「今まで長い間お世話になりました。
 本当にありがとう。」

そう言ってお別れした。


初めて買ってもらった本棚は、まだ私の机の上で健在。
これからも一緒だ。
(写真の右端に写っている)                                    



[PR]
# by yumemiso01 | 2018-06-13 12:15 | 心・ひとりごと | Trackback | Comments(0)

まだまだこれから

気がつけば、もう5月も下旬。
早いなぁ。

友人とはメールで近況交換。
少し落ち着いたようで良かった。今年中に会いに行こう。

4月~5月と、滅多にない事の連続。
ぼちぼち日記に書いていきたい。

明日は、実家のリフォームの打合せで出かける。
母のために、もういっちょ頑張らなくちゃ。

ファイトだ。


[PR]
# by yumemiso01 | 2018-05-23 23:24 | 心・ひとりごと | Trackback | Comments(0)

大切な友人

3月の末、東京へ行くはずだった。

学生時代の大切な友人が、病であることを知ったのは1月半ば。

5年間音信不通の友人に「いったいどうしてるだ?」
という気持ちで年賀状にあれこれ書いたら
友から印刷された手紙が届いた。

内容に驚いた。


病気で5年前に仕事もやめ、年賀状もやめ
病と闘っていると。
驚いて手紙にあったアドレスにメールすると、短い返事が来た。

何度かやりとりして、東京に行くことを決めた。
どうしても会いたい。

家のリフォームや、自分の入院もあり
東京行きは3月に決定。日時も決まり、手土産も準備し
新幹線も調べ、あとは友人から待ち合わせの場所の連絡をもらうだけだった。

連絡をくれると約束した日
メールは来なかった。
きっと忙しいのだろうと思った。

出発の2日前に「ごめんなさい」というメールが届いた。
体調が悪くなり、薬の投与と安静が必要になったという。

東京行きは延期になった(中止ではない)。
新幹線の切符はまだ買ってなかった。
友人の体調次第で、急に中止になる可能性があったのだが
数日前まで大丈夫だったので、実現すると思っていた。
お互い、ちょっとドキドキしながら
約30年ぶりの再会をとても楽しみにしていたのだ。


その友人とは、昨年『手紙』で書いた
あの青年海外協力隊でアフリカへ行った友人である。

しばらく年賀状が来なくても、きっと元気で頑張っていると信じていた。
今も元気な顔しか思い浮かばない。


きっと会いに行く。

日帰りでも会いに行こうと思っている。


きっと今、苦しいだろうけど
だけど、頑張ってほしい。

彼女が元気になることを心から祈っている。



[PR]
# by yumemiso01 | 2018-04-15 10:22 | 心・ひとりごと | Trackback | Comments(0)

今年初め、友人から『幻坂』の文庫本と「天王寺七坂スタンプラリー」の用紙をプレゼントされ
ぜひ行こうと誘われていた。

長年この地に住んでいながら、この七坂のことは知らなかった。
そして『幻坂』は面白く、3月25日(日)に友人2人と行くことになった。

今年の桜は、例年より1週間以上早く桜はちょうど開花。
大阪各地の桜の名所は、どこも観光客でいっぱいだと思われたが
お寺は静かでゆったりと楽しむ事ができた。

本にある坂を順にめぐり、その近くのお寺のスタンプを押していく。
『幻坂』はひとつひとつの坂にまつわる物語。

友人たちと物語では「こうだった」「ああだった」とか話しながら歩くのも楽しい。

大阪にもこんなに静かでゆったりとできる場所があったのだ。
次は秋にまた着物を着てめぐるのもいいねと話した。


※あとで写真もアップする予定(^^)



[PR]
# by yumemiso01 | 2018-04-15 10:20 | その他 | Trackback | Comments(0)

今年の3月3日

3月3日は、毎年いなり寿司を作り、子どもたちはお雛様寿司を作るのが
我が家の恒例行事。
しかし唯一家にいる次女は、友人と外食するので夕飯はいらないと言う。
子どもあってのひな祭り寿司。今年はお雛様は作らないことにした。

それならばと、早朝にいなり寿司を作り、それを娘の弁当に持たせ
自分たち用にも弁当にして、大阪城梅林に行くことにした。


(弁当は、これに卵焼きだけの簡単なもの)

d0041427_22585217.jpg
大阪城への散歩は久しぶりだ。
ゆっくりのんびり歩く。


d0041427_23012602.jpg

大阪城公園の中を通って梅林に向かう。
昔、よく歩いた道。
学生の頃、このベンチに座って本を読んだ。
時折落ち葉が落ちてくる中で、物語に没頭するのは楽しかった。

林を抜けると天守閣と梅林が見えてくる。
(石垣の上が梅林)
d0041427_23025135.jpg
梅林が近づくにつれて、人が多くなる。

花はまだ三分咲きくらい。しかしもう大勢の人が来ていた。

d0041427_23072222.jpg
花の少ない場所はまだ人も少ない。

d0041427_23062755.jpg


お堀には、観光の屋形船。

d0041427_23102708.jpg

お堀を見ながら、弁当を食べた。
久々に外で食べる弁当は美味しい。

いつも子どもたちと一緒に、にぎやかに弁当を食べていた。
もうずっと昔の事のようだ。


これからも、たまにはこうして弁当を持って
散歩に来るのもいいねと話した。
家の中ばかりより、たまには外に出る方が
元気になるような気がする。


帰り道、和菓子屋さんで大好きな豆大福を買って食べた。
うん、やっぱり美味しい。


こんな平和な一日が、いいなぁ。




[PR]
# by yumemiso01 | 2018-04-05 23:15 | 家庭・家族 | Trackback | Comments(0)

絵や物語が大好きなポトスの日記です


by yumemiso01