ある日のこと・・・

yumemi01ni.exblog.jp
ブログトップ

今が大切

最近、ずっとしんどいのは

自分の力以上のことを(現在できること以上のことを)
やろうとして


周りからも求められ、自分でもしようとして
でもできなくて。
追い詰められていた気がする。


今もそれが解消したわけではない。


でも、無理でもそれを越えようとして
頑張って努力しなければ、目の前の山を越えることはできない。


だから今はしんどくても
頑張らなければいけないのだ。

きっと・・・そう



今の場所でいいやと、ゆっくり座りこむのは
まだ早い。



[PR]
# by yumemiso01 | 2018-11-02 16:47 | 心・ひとりごと | Trackback | Comments(0)

今年もあと2か月

毎日思う事はあるのに

今日こそは今の気持ちを書こうと思っているのに

夕食の片づけを済ませ、雑用を終えるころにはもう寝る時間を過ぎている。

そんな毎日で、気がつけばもう11月だ。




子どもが全員社会人になった時、親としての一応の区切りがついたとほっとした。

これからは自分の時間が持てるから、どんどんやりたかった事をやろう!

そう思っていたのだったが・・




子どもたちが結婚し、さらに孫ができると忙しくなってきた。

彼らが独身のころは、帰って来てもそれほど大したことはなかったが

結婚し子供ができ、あっと言う間に家族が増え

皆が帰ってくると、それはもう大変。ご飯の量も半端でない。

狭い我が家は、家の中でキャンプしてるように寿司詰めだ。

夫は嬉しそうだが、あまり続くと私は疲れるよ~~~(と、心の中で叫んでいる)。




でも結婚しても、家族ぐるみで皆仲が良いのは親としては嬉しい。

もうしばらく、頑張らなくちゃねっと!

そのためにも、健康に気をつけ元気でいなければ。




銀杏の実の季節も終わり、これから本格的に黄葉の季節だ。


[PR]
# by yumemiso01 | 2018-11-01 21:47 | 家庭・家族 | Trackback | Comments(0)

秋がきた

9月も慌ただしく過ぎ、気がつけば10月に入った。


今年は大きな台風が二つも直撃できて、大丈夫だと思っていた屋根瓦がずれ
二つ目の台風の直前、やっと直してもらった。


9月の中旬には、念願だった家族全員での乗鞍・上高地旅行が実現。
母も一緒に行くことができた。大正池からかっぱ橋まで歩いた。
いつもは、少し歩くだけで息苦しくなる母だったが
空気が良いせいか、2時間歩いても大丈夫だった。


子どもたちが小さかった頃、毎年6月に乗鞍・一之瀬園地に一泊旅行した。
私は免許取り立てで、夫と交代で運転。片道6~7時間。
早朝まだ暗いうちから出発し、だんだん明るくなる空を見ながらわくわく。
朝8時頃、みどり湖Pでお弁当の朝食。昼前に一之瀬園地到着。
小川で遊んだり、白樺の小道を歩いたり、頑張って山越えして牛留池まで歩いたり・・・思い出がいっぱい。
今回の旅行は、私だけでなく子どもたちも楽しみにしていた。
3台の車で現地集合。4世代12人。賑やかで楽しい旅行となった。




その後、叔父のお見舞いに母と九州に行く予定だったのに
台風のせいで中止。



そして数日前、突然の母の入院。幸い処置が速かったので、大事に至らずにすんだが
しばらく入院となり、妹と交代で病院に行くことにした。




今日、まだ風が強い。

急に涼しく肌寒くなってきた。


日の暮れるのが早い。


気がつけばもう秋だ。

d0041427_22230138.jpg



[PR]
# by yumemiso01 | 2018-10-01 22:27 | | Trackback | Comments(0)

7月最後の日

7月は夫と私の誕生日であり、それぞれの誕生日には
子どもたちからプレゼントとケーキのお祝いをしてもらった。

普段は食べることのない、ちょっと高価なショートケーキ色々。

d0041427_22094823.jpg
(これは夫の誕生日)


賑やかな日が過ぎ、今日はもう7月最後の日。

毎年この日が近づくにつれ、胸が苦しく辛くなってしまう。
心静かに思い出せるようになるには
きっとまだ時間が必要なのだ。


今日、胃カメラの検査だった(念のための経過観察として)。
夫に車で病院まで送ってもらった。
「今日の空は、真っ青だなぁ。今日も暑くなるな。」
と、夫が言った。

4年前の空は、もっと真っ青だったよ。
そして、それまで見たこともない大きくて真白の入道雲が出ていた。
きっとあの空は、いつまでたっても忘れる事はないだろう。



さぁ、明日から8月!

頑張らなくちゃ。


※最近の夕方の空

d0041427_22093665.jpg
(7月26日)あまりにも見事な紅色



d0041427_22092015.jpg
(7月27日)雲の下に沈んだ太陽からの光が空へ広がる



[PR]
# by yumemiso01 | 2018-07-31 22:17 | 家庭・家族 | Trackback | Comments(0)

夕焼け



夕方、窓が赤いのでベランダに出てみた
 
久々の夕焼け空だ

d0041427_22294186.jpg


d0041427_22300464.jpg

きれいだけど

少し悲しい







[PR]
# by yumemiso01 | 2018-07-08 22:33 | | Trackback | Comments(0)

神様の怒りか

ここ数日の大雨で、各地に大災害が起こっている
テレビに信じられないような光景が映っている

なぜこんな事が続くのだろう
自然災害がこんなに多発するのはなぜ?

人間の力がとうていおよばない次元

どうかどうか・・・早く治まってください

被害に会われた方々が、一日も早く安心して暮らせるようになりますように

いつもいつも祈るだけの非力さ

心が痛い






[PR]
# by yumemiso01 | 2018-07-07 22:04 | 心・ひとりごと | Trackback | Comments(0)

ドイツの友人夫妻と日帰り旅行 :第二弾


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


5月20日(日)京都・美山かやぶきの里

この美山かやぶきの里では、年2回、防火用放水の点検も兼ねて一斉放水がある。
夫が一緒に行く場所を色々調べ、2回目の行先はここに決定。

今回は午前7:30、JR森ノ宮駅で待合せ。
この美山の一斉放水は有名らしく、
小さな山里はこの日は写真撮影の人や観光客でいっぱいになるらしい。

車の駐車場確保も難しいというネット情報を見て、朝早く行くことにした。

昼食を食べる店も満員だろうという事で、手前の道の駅(京都新光悦村)で弁当を買う。

9時前だというのに駐車場は満車。
少し行った道路脇に小さな無料の駐車場がありなんとか留めることができた。
数分後にはそこも満車。そこから村まで歩いてすぐ。ラッキーだった。

一斉放水はお昼。
それまで時間があるので、村の中を散策することに。
村のご婦人に会ったので、挨拶して少し話しをした。
田植えが終わったばかりということで、細い苗が風に吹かれて涼しげだ。
水面に周りの景色が映って、とても美しい。

d0041427_00363089.jpg

d0041427_00363148.jpg

村の中にある神社を見学、その後、ある家の前で人が並んでいるのを発見。
米の粉で焼くパン屋さんだった。10時半開店~売り切れで閉店。
夫と娘も並んで買う事にした。

その間、友人夫妻と私は村の中を散策。
一周してパン屋さんの前で合流。パンも無事買う事ができた。

その後、民族資料館を見学。昔は牛を大事にしてたという事で
同じ母屋の一角に、厩(うまや)があり一緒に暮らしていたそうだ。
なかなか興味深かった。

昼前になったので、弁当を食べる場所を探すが
その頃には、あぜ道もどこも見物人でいっぱいだ。

なんとか川の横で食べれそうな場所を見つけ
そこで弁当を食べた。

d0041427_00365142.jpg
信州の梓川を少し思い出した。


その後、一斉放水を見る場所を探すが
良い撮影場所は、すでに写真撮影のための三脚が並んでいる。
もうすごい人だ。少し離れた道の上から見ることにした。

d0041427_00400169.jpg

私だけは、さらに離れて川の上の橋の上から見ることに。

一斉放水が始まった。

放水の水先ががあちこち動く。

d0041427_00371108.jpg

d0041427_00372344.jpg

d0041427_00373658.jpg

白い首長竜があちこちで頭をもたげ、あたりを見回しているように見えた。

5分間と聞いていたが、けっこう長く迫力もあり興味深かった。

友人は、何度も「パーフェクトな天気」と言っていた。
そう、最高にきれいだったのだ。
そして今回も、とても楽しんで喜んでくれた。

石清水八幡宮に寄ってから帰宅した。

d0041427_00401207.jpg

d0041427_00402232.jpg
この前あたりで3つの川が合流し、淀川となって大阪へ続く。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ドイツから友人夫妻が来なければ、私たちもネットで案内する場所を探すこともなく
こんなにステキな体験はできなかった。

5月末、来た時と同様のたくさんの荷物と一緒に
夫妻はドイツへ帰って行った。もちろん空港まで送って行った。
荷物がたくさんで私は空港へは行けなかったので、手紙を書いて渡してもらった。
中に、手作りの栞と日本とドイツの国旗の折鶴を入れて。

帰国後、友人からお礼のメールが届いた。

さぁ、次回会うのはドイツか、はたまた日本でか。

もっともっとドイツ語を勉強して
次回、彼らを驚かせたいと思ってる。


はたしてできるか?
う~~ん、頑張らなくちゃ!!


[PR]
# by yumemiso01 | 2018-07-07 01:00 | その他 | Trackback | Comments(0)

絵や物語が大好きなポトスの日記です


by yumemiso01